(C) PARAGUNA 2020

パラグナ・グループ事務局
Tel/Fax: 03-3767-7146
E-mail:
(担当:村上)


 
 
PARAGUNA パラグナ

 
インドネシアのガムランというと、バリ島や中部ジャワのものが有名ですが、スンダ人の住むジャワ島西部(下記地図中Sunda)にも、スンダ独特の音楽文化が花開いています。「パラグナ・グループ」は1985年結成。スンダのガムラン・ドゥグンとトゥンバン・スンダを演奏するグループです。各種コンサートやイベントに参加しながら、東京を拠点に活動を続けています。
「パラグナ」とはスンダ語で「音楽の知悉者、音楽をよくし、音楽に通じている者」の意で、スンダの作曲家ナノ・S氏により命名されました。
ガムラン・ドゥグン (c) Hitoshi Furuya

トゥンバン・スンダ
 
■ イベント情報
 
::パラグナ・グループによる ガムラン曼荼羅 “響きの回廊へ”

出演:
パラグナ・グループ、西山まりえ(中世ゴシック・ハープ)、石川高(笙)、佐草夏美(舞踊)、リアント(舞踊)

曲目・演目:
藤枝守作曲
■植物文様第27集 「台湾茶の植物文様」(2017)ガムランヴァージョン初演
■ガムランをともなう《ダブル・コンチェルト》(2019)初演
■組曲「ガムラン曼荼羅」〜「植物文様ガムラン曲集」から全8曲 (2019)初演

日時:2020年3月28日(土) 開演:17:00〜 (開場 16:30〜)
場所:トーキョーコンサーツ・ラボ (東京都)
ご予約はこちら


■ パラグナの演奏をご覧いただけます。

2018年8月4日にDIC川村記念美術館で展覧会「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」の関連イベントとして「自然のパターン、命のふるえ」古典曲と藤枝守の現代曲を演奏しました。その時の演奏がYouTubeにアップされています。

ガムラン・コンサート「自然のパターン、命のふるえ」第一部:ガムラン・ドゥグン

ガムラン・コンサート「自然のパターン、命のふるえ」第二部:藤枝守作品

2013年11月17日に行われた、洗足音楽大学90周年プレイベント シルバーマウンテン・オープニング・コンサート 「越境するガムラン〜日米の現代作品による」がYouTubeにアップされています。

「越境するガムラン〜日米の現代作品による

■ 演奏依頼受け付け中!

パラグナでは、随時、演奏依頼を受け付けています。各種イベント、 パーティー、レストランなどでの演奏をご希望の方は、お気軽にパラグナ・グループ事務局までお問い合わせ下さい。
見学をご希望の方は、お気軽にパラグナ・グループ事務局までお問い合わせ下さい。


本サイトで使用しているすべての文章・画像等の無断複製および転載を禁止します。