(C) PARAGUNA 2018

パラグナ・グループ事務局
Tel/Fax: 03-3767-7146
E-mail:
(担当:村上)
 
■ トゥンバン・スンダ / Tembang Sunda

独唱の歌をカチャピという金属弦の箏とスリンという竹笛で伴奏する声楽アンサンブル。トゥンバンとは「歌・詩歌」の意味で、トゥンバン・スンダは韻律詩にのせたスンダ語による美しい調べを持ち、歌の盛んなスンダを代表するジャンルとなっています。もともとは貴族階級の教養として楽しまれていたもので、チアンジュラン(スンダの古都チアンジュールに因む)と呼ばれることもあります。歌を入れずに楽器だけで演奏される場合もあり、カチャピ・スリンと呼ばれています。

 

::楽器の紹介
 
 
スリン suling

竹製の縦笛。
指穴6孔のものが標準。
自由に歌の旋律に装飾する。
カチャピ・インドゥン kacapi indung

木製の舟形胴に真鍮弦18本を張った箏。
生身の両手の指で奏し、
母(indung)のようにアンサンブルを支える。
 
 
カチャピ・リンチック kacapi rincik

鉄弦15本を張った高音域の箏。
細かい刻みで旋律を装飾する。
 


本サイトで使用しているすべての文章・画像等の無断複製および転載を禁止します。